FC2ブログ

弥生賞予想

 今年の3歳牡馬路線を占う上で最も楽しみなレースだと思います。

中山11R 弥生賞
◎8ワグネリアン
○9ダノンプレミアム
▲1オブセッション
△10サンリヴァル
△3ジャンダルム


 ダノンプレミアムとの直接対決だけでなく、3歳牡馬での3強と言われるオブセッションまで出走する大注目のレースになりました。そんな中でも抜けた素質と見ているワグネリアンから入ってみます。この馬にとって幸いだったのは少頭数ということで、なぜか今まで多頭数の競馬は経験が無いことから、捌き切れずに不発という可能性は低いと見ています。調教も相当動いていましたし、不安要素は少ないはずです。

 対抗にはやはりダノンプレミアムを。実際この2頭が優先出走権を獲得すると見るのが正解ではないかと思います。ワグネリアンよりも馬体があるぶん、微妙な間隔の開きを不安視して対抗に落としただけです。朝日杯の競馬を見ても、突き抜ける場面まであって不思議ではないでしょう。

 オブセッションはシクラメン賞でレコード勝ち。しかもあの時計で走っていてただ1頭33秒台の脚を使えるわけですから、間違いなくクラシックでも活躍できる馬だと思います。ただ、藤沢和調教師が意外と控えめなコメントをしているあたり、力の差があると暗に認めているような気がして3番手評価としました。

 あとは、ドスローに落とせる可能性のあるサンリヴァルと、逆転の目が無いわけでもないジャンダルムを。

 馬連よりも回収率が高いので◎○の馬単裏表に大きく張ります。あとは8,9-8,9-1,3,10の3連単Fに薄く。計8点。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マトイ・アシデ

Author:マトイ・アシデ
主に血統理論に基づいた競馬予想をしています。相互リンク大歓迎です。ご連絡ください。
※予想はあくまで個人の見解であり、これに基づく損害に対しては一切の責任を負わないものとします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
608位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
300位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキングに参加しています
競馬ブログランキングへ

中央競馬 ブログランキングへ

競馬・血統理論 ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Total:
Now: