秋華賞の過去データから傾向を探る&注目馬

 昨年も書いた通り、秋華賞は個人的に最も当てているGIかもしれません。今年はどうなりますでしょうか。
 いつもは注目馬と別々に上げるのですけど、今回は繋がりも多いので一緒に書いてみます。

京都11R
秋華賞(芝2000m)

◎リスグラシュー

秋華賞   馬名 人気 前走 母父 時計 上がり3F 4角通過
2016 1着 ヴィブロス 3 紫苑S② ディープインパクト マキャヴェリアン 1:58.6 33.4 8
  2着 パールコード 4 紫苑S⑤ ヴィクトワールピサ ロストコード 1:58.7 33.8 6
  3着 カイザーバル 8 ローズS③ エンパイアメーカー サンデーサイレンス 1:58.8 34.1 5
                   
2015 1着 ミッキークイーン 1 ローズS② ディープインパクト ゴールドアウェイ 1:56.9 34.6 6
  2着 クイーンズリング 5 ローズS⑤ マンハッタンカフェ アナバー 1:56.9 34.1 14
  3着 マキシマムドパリ 8 甲武特別① キングカメハメハ サンデーサイレンス 1:57.1 35.0 3
                   
2014 1着 ショウナンパンドラ 3 紫苑S② ディープインパクト フレンチデピュティ 1:57.0 34.3 5
  2着 ヌーヴォレコルト 1 ローズS① ハーツクライ スピニングワールド 1:57.0 34.0 10
  3着 タガノエトワール 4 ローズS② キングカメハメハ サンデーサイレンス 1:57.2 34.4 8
                   
2013 1着 メイショウマンボ 3 ローズS④ スズカマンボ グラスワンダー 1:58.6 34.2 8
  2着 スマートレイアー 2 夕月特別① ディープインパクト ホワイトマズル 1:58.8 34.0 14
  3着 リラコサージュ 15 ローズS⑱ ブライアンズタイム キングマンボ 1:58.8 34.1 11
                   
2012 1着 ジェンティルドンナ 1 ローズS① ディープインパクト ベルトリーニ 2:00.4 33.1 9
  2着 ヴィルシーナ 2 ローズS② ディープインパクト マキャヴェリアン 2:00.4 33.9 2
  3着 アロマティコ 6 ムーンライトH③ キングカメハメハ サンデーサイレンス 2:00.6 33.1 11

 まずはここ5年のトライアル別成績を。
 紫苑S組が3頭、ローズS組が9頭で圧倒しています。紫苑Sの勝ち馬は馬券にすら絡んでいないんですね。今年の時計を見ても、やはりローズS組が優勢かなと思いますよ。

 次にペースですが、2015年と2012年で比較してみましょうか。

2015年 33.8-47.8-35.3
2012年 36.5-48.7-35.2

 決着時計はまったく違うのに上がりがほぼ一緒なことに気付きます。
 前後半1000mずつのラップにするともっと分かりやすいですよ。

2015年 57.4-59.5
2012年 62.2-58.2

 つまり2015年は典型的な前傾ラップ、2012年は後継ラップと言えます。2012年は6F目と7F目が合わせて23.0秒とかなり速く、実質的な後半1000m勝負のタフなレースだったわけでして、それぞれがその後の路線で大活躍したのも当然ということですね。

 今年はアエロリットとカワキタエンカのどちらが逃げるのかは蓋を開けてみないと分かりませんけど、片や人気馬、片や人気薄ということを考えるとやはりカワキタエンカが行くのではないかと思います。この馬はワンペースで逃げることは無く、必ずどこかで緩めるので、そこが展開を左右するポイントになりそうです。

 次に位置取り。
 過去10年まで広げても、逃げて馬券に絡んだ馬はいません。それだけでなく、2番手3番手の先行馬も非常に成績が悪く、実に7割が差し・追い込み馬なんです。これは前述のようにロングスパートに長けた馬が来ている証拠に他ならず、できれば上がり3Fよりも5Fで見るべきかなと考えています。

 血統面ですけど、これはご存じのようにサンデー系に異様なまでに偏っています。
 過去5年でサンデーの血を含まなかったのはリラコサージュのみですが、実はこの馬はヘイルトゥリーズンの3×4が入っていまして、そんな理由と重馬場のローズSで大惨敗したことから本命視したのでした。
 基本形としては、父サンデー系で母系のどこかにノーザンダンサーを含んでいる馬が買いだと考えています。

 以上のことから、リスグラシューを本命候補としてピックアップしました。
 ローズSの見方は「あと1F延びたらどの馬が勝つか」だと思いますし、そんな視点ならばこの馬が筆頭ではないでしょうか。
 母父アメリカンポストはネイティヴダンサー系。レイズアネイティヴは今や大血統になりましたが、それ以外のネイティヴダンサー系は数えるくらいしか残っておらず、零細血統と呼んでもいいくらいです。

 では改めて血統表を見てみます。

馬名父系統母父母父系統
アエロリットクロフネVRネオユニヴァースSS
ヴゼットジョリーローエングリンSDサンデーサイレンスSS
カリビアンゴールドステイゴールドSSケープクロスDZ
カワキタエンカディープインパクトSSクロフネVR
タガノヴェローナクロフネVRキングカメハメハMP
ディアドラハービンジャーDZスペシャルウィークSS
ハローユニコーンハーツクライSSパントレセレブルND
ファンディーナディープインパクトSSピヴォタルND
ブラックオニキスブラックタイドSSチーフベアハートDZ
ブラックスビーチディープインパクトSSキングマンボMP
ポールヴァンドルダイワメジャーSSファスリエフND
ミリッサダイワメジャーSSシングスピールSD
メイショウオワラディープブリランテSSタイキシャトルHL
モズカッチャンハービンジャーDZキングカメハメハMP
ラビットランタピットBRディキシーランドバンドND
リカビトスディープブリランテSSエンドスウィープMP
リスグラシューハーツクライSSアメリカンポストNV
レーヌミノルダイワメジャーSSタイキシャトルHL
※VR…ヴァイスリージェント系 SS…サンデー系 SD…サドラー系 DZ…ダンチヒ系 MP…ミスプロ系 ND…ノーザンダンサー系 HL…ヘイロー系 BR…ボールドルーラー系 NV…ネイティヴダンサー系

 非キングマンボのミスプロ系がリカビトスしかいません。これは珍しいです。
 ミリッサはシンハライトの無念を…とも思ったのですが、ダイワメジャー産駒にしては馬体が無いのが買いづらいですよね。

 最後になってしまいましたが、実は久々の道悪開催になりそうなんです。そんな視点ならばラビットランは狙える1頭かもしれません。他には、ヌレイエフの血も買い要素の一つになるかと思います。ファンディーナ、やはり印を打つべきなんですかねぇ…。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マトイ・アシデ

Author:マトイ・アシデ
主に血統理論に基づいた競馬予想をしています。相互リンク大歓迎です。ご連絡ください。
※予想はあくまで個人の見解であり、これに基づく損害に対しては一切の責任を負わないものとします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
273位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキングに参加しています
競馬ブログランキングへ

中央競馬 ブログランキングへ

競馬・血統理論 ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Total:
Now: