京都大賞典予想

 いつもの買い方間違いですね…。
 まぁ、2日間の負け金額が想定していたより少なかったので月曜は大勝負です。

京都11R 京都大賞典
◎3シュヴァルグラン
○13ハッピーモーメント
▲5ミッキーロケット
△7フェイムゲーム
△8トーセンバジル


 逃げて沈んだ宝塚の経験を活かすなら今回は控えるでしょう。ましてや逃げ馬不利の京都大賞典で、本来の脚質ではない逃げの手に出るなんてのは、人気を抱えた馬と陣営が選択する手段ではありません。つまり今年はドスローという予想をしても間違いではないということになります。ロングスパートで結果を出してきたハーツクライ産駒のシュヴァルグランが筆頭に挙がるのも的外れではないと思いますね。

 ハッピーモーメントの評価は目黒記念の3着ではなく、前半1000m65.1秒という超スローペースを制した早春Sにあります。つまりは折り合える力こそ今回求められると考えての推奨なのです。重賞経験の面では幾分劣っていても、一発の可能性を秘めている馬ではないでしょうか。

 単穴には前走GI組でも最先着馬のミッキーロケットを。ここに相性の良いキンカメ産駒でもありますし、スローで結果を残している点も買いだと思います。

 あとは、距離適性からフェイムゲームとトーセンバジルの2頭を押さえます。

 ◎シュヴァルグランから3連複の流しと、○ハッピーモーメントがあまりにも人気が無いのでワイドで流してみます。計10点。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マトイ・アシデ

Author:マトイ・アシデ
主に血統理論に基づいた競馬予想をしています。相互リンク大歓迎です。ご連絡ください。
※予想はあくまで個人の見解であり、これに基づく損害に対しては一切の責任を負わないものとします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
273位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキングに参加しています
競馬ブログランキングへ

中央競馬 ブログランキングへ

競馬・血統理論 ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Total:
Now: