京成杯AH・セントウルS予想

 毎度おなじみ裏馬券はディアドラも買っているので3連複もゲットしてます。手を広げるのは小恥ずかしいので書いてませんけど…。

中山11R 京成杯AH
◎6グランシルク
○12トーセンデューク
▲16マイネルアウラート
△1ダイワリベラル
△5マルターズアポジー


 安定感に加え、56キロは買い要素ということでグランシルクを本命にします。諸々のデータに当てはめるとこの馬しか残らなかったという消去法でもありますが。展開としては、3角過ぎから各馬がマルターズアポジーを捕まえに行く後傾ラップが目に見えますので、より厳しい競馬をしてきたグランシルクにとっては願ってもない流れになると見ました。

 トーセンデュークは上がり勝負の馬。前が潰れる流れになるなら、常にメンバー中最速レベルの末脚を持つこの馬にチャンスがあって不思議ではありません。まだ終わっていないと信じたいです。

 あとは、ダービー卿CTの上位馬マイネルアウラートとダイワリベラル、最後にやむなくマルターズアポジーを。この馬、人気を被ると途端に走らなくなるんですけど。

 グランシルクは普通に走れば馬券圏内は堅いと見て、3連複の流しで大勝負します。6点。

阪神11R セントウルS
◎7ファインニードル
○1アドマイヤゴッド
▲14フィドゥーシア
△3アルティマブラッド
△2メラグラーナ


 北九州記念は負けはしたものの、あの状態から追い込んできたところを見ると、やはりファインニードルの力は本物なのだと思います。開幕週の阪神の芝が味方をして、初の重賞制覇も十分に有り得るのではないでしょうか。1番人気はさすがに被りすぎかなと感じてしまいますけど、水無月Sのパフォーマンスはそれに値するものでした。

 何週間か前から、北海道を使った馬の成績がすこぶる良いことに気付きます。脚がパンとした感じとでも言いましょうか、確実に力がついているなという印象を受けるのです。メンバー中、今年の夏に函館・札幌を使ってきたのはアドマイヤゴッドだけで、これは狙う価値があるかなと思いました。

 阪神芝に好時計は無いのですが、この夏の調子からフィドゥーシアは切れないと思います。実際、ビリーヴには何を付けるのが正解なのかまだ捉えきれてない感じもするのですけど、土曜日デビュー勝ちを収めた半弟のジャンダルムもサドラー系のキティンズジョイ産駒です。父サドラー系で母母父がダンチヒはやはり配合妙味がありますね。

 以下、北九州記念6着もファインニードルとはクビ差だったアルティマブラッド、ここに向けて立て直してきているのは間違いないであろうメラグラーナまで。

 上位人気が来てしまうとガミなので、◎からの馬連流しを厚く、○からワイドにも流してみます。計8点。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マトイ・アシデ

Author:マトイ・アシデ
主に血統理論に基づいた競馬予想をしています。相互リンク大歓迎です。ご連絡ください。
※予想はあくまで個人の見解であり、これに基づく損害に対しては一切の責任を負わないものとします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
273位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキングに参加しています
競馬ブログランキングへ

中央競馬 ブログランキングへ

競馬・血統理論 ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Total:
Now: