七夕賞注目馬

 間違いなくゼーヴィントが1番人気になると思いますが、この馬はデビュー以来これほどの休養を挟んだことが無い馬なんですね。不安要素が無いわけではありません。天気はギリギリ大丈夫という感じもしますけど…。

福島11R
七夕賞(芝2000m)

◎タツゴウゲキ

七夕賞 馬名人気馬齢斤量前走母父時計上がり3F4角通過
20161着アルバートドック3457エプソムC⑦ディープインパクトアンユージュアルヒート1:58.435.94
 2着ダコール5858新潟大賞典④ディープインパクトアンブライドルド1:58.535.86
 3着オリオンザジャパン11653アハルテケS④クロフネサンデーサイレンス1:59.035.49
            
20151着グランデッツァ2657鳴尾記念⑤アグネスタキオンマルジュー1:58.234.32
 2着ステラウインド8656目黒記念⑫ゼンノロブロイスピニングワールド1:58.434.29
 3着マデイラ16652福島民報杯⑩クロフネサンデーサイレンス1:58.534.52
            
20141着メイショウナルト5656鳴尾記念⑪ハーツクライカーネギー1:58.736.01
 2着ニューダイナスティ10555仁川S⑩ディープインパクトダイナフォーマー1:59.035.37
 2着マイネルラクリマ1658エプソムC②チーフベアハートサンデーサイレンス1:59.135.84
            
20131着マイネルラクリマ1557都大路S②チーフベアハートサンデーサイレンス1:58.935.71
 2着トレイルブレイザー7658ドバイシーマC⑪ゼンノロブロイフォーティナイナー1:59.335.92
 3着タガノエルシコ14855米子S⑧マヤノトップガンダンスインザダーク1:59.435.712
            
20121着アスカクリチャン14555東京新聞杯⑩スターリングローズダイナレター2:01.136.05
稍重2着トーセンラー1457鳴尾記念③ディープインパクトリシウス2:01.135.514
 3着ミキノバンジョー7555福島TVOP①グラスワンダーリヴリア2:01.236.71

 とにかく何をどう信じたら良いのかまったく見えてこないのが七夕賞です。ここ5年は二桁人気馬が必ず絡んでおり、3連単が10万円を超えなかったのも去年のみ。軸選びもヒモ探しも難解を極めているといったところですかね。

 過去の結果を眺めていて最初に気が付いたのが、「乗り替わりの馬の好走率が高い」という点でした。延べ15頭中11頭がテン乗りでして、しかも福島での良績が無かった馬も突如として走ったりしているので、そんな視点を付け加えるのも面白いかもしれません。

 前走別では、やはり重賞経験組がそれなりに結果を残しています。もっと言うと、府中や阪神で力負けした馬がここで巻き返している例が多く、重要なファクタと見ていいのではないでしょうか。
 それと、今年のメンバーにはいませんが、芝変わりの馬にも注意が必要なのが七夕賞です。頭の片隅にでも入れておいて来年以降役立てたいですね。

 時計面では、稍重だった2012年を除くとここ4年は福島の芝2000で最高水準とも言えるタイムになっており、ましてや高速馬場と言える今開催ならば1分57秒台も有り得ると思います。切れる脚よりも、ロングスパートに対応できる馬を狙いたいところです。
 速い理由の一つに前傾ラップがあるのですけど、これは距離延長組の逃げ・先行が大きく関わっているような気がしますね。坂が緩やかなぶん、1Fや2Fのプラスならば持ってしまうパターンも見られ、それが荒れる要素として浮かび上がっているのです。
 故にペースが速くても後ろの馬中心にならないのが福島の芝2000という結論になります。この表には4角の位置取りしか書いていませんが、実際はマクリで位置を上げた馬も多いので、直線一気で勝ってきた馬は疑ってかかったほうがいいかもしれませんよ。

 血統面で気付くのは、良馬場ならば必ずサンデーの血が入っていることでしょうか。異常な率となっており、特にサンデー×ミスプロ、サンデー×ノーザンダンサーが狙い目として挙がります。逆に、ここ5年では父ミスプロ系はアスカクリチャン1頭のみと苦戦を強いられていますね。切り要素と考えて差し支えないでしょう。

 いろいろと合わせ見た結果、時計面からタツゴウゲキを本命候補に据えてみることにしました。
 垂水Sは1分44秒7の3着。シルバーステートの逃げたペースは前半1000m59.6秒でした。これはおそらく、今回も逃げの一手のマルターズアポジーが作るペースと似たような流れになるはずで、先団よりも少し後ろで脚を溜めながらロングスパートを仕掛けるのではないかと推測します。
 前述の通り、距離延長組が逃げるのでなければ極端な前傾ラップにはならないと考えます。ラスト4Fあたりからの勝負なら、5キロ減のこの馬は彗星に相応しいのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マトイ・アシデ

Author:マトイ・アシデ
主に血統理論に基づいた競馬予想をしています。相互リンク大歓迎です。ご連絡ください。
※予想はあくまで個人の見解であり、これに基づく損害に対しては一切の責任を負わないものとします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
273位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキングに参加しています
競馬ブログランキングへ

中央競馬 ブログランキングへ

競馬・血統理論 ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Total:
Now: