ユニコーンS・函館スプリントS予想

 土曜の競馬を見る限り、函館の芝はかなり時計が出ており、走りやすそうだということが分かりました。やはり狙うのは前目の馬で間違いないと思います。

東京11R ユニコーンS
◎6ラユロット
○3ブルベアバブーン
▲2ハルクンノテソーロ
△13ウォーターマーズ
△14トロピカルスパート


 ラユロットが本命です。過去のデータからも、500万下を勝ち上がった馬が馬券に絡むケースは見られますし、ましてや前走が初ダートとは思えない時計と脚はここで通用しても不思議ではないものでした。逃げ馬が後先考えずに飛ばす展開になるなら、後方一気のこの馬は面白そうな1頭です。

 今回は母父がサンデーサイレンスという馬がいないのですが、サンデー系という視点で見て、さらに父がダートマイルまでで絞るならブルベアバブーンは妙味十分だと思います。ペースはおそらくこの馬に最も合ったものになりそうで、現在の人気なら狙う価値はあるのではないでしょうか。

 ハルクンノテソーロは青竜S組で馬券に絡んだ3頭のうち一番後ろからの競馬をした馬ということで推奨。以前も書いた通りファスリエフ×ワイルドラッシュはこの舞台のためのような配合ですし、展開一つで逆転の目はあると見ました。

 あとは、安定した末脚が魅力のウォーターマーズと、フリオーソ産駒で丸田J初騎乗のトロピカルスパートを。

 ワイドのBOXと◎からの馬連流しで。計14点です。

函館11R 函館スプリントS
◎8ジューヌエコール
○12セイウンコウセイ
▲6クリスマス
△3キングハート
△5イッテツ


 意外にも人気になってしまっているのですが、昨年のソルヴェイグの例を踏まえて50キロの3歳牝馬を狙おうというファンの考え方ではないでしょうか。それでも初志貫徹でジューヌエコールを本命にします。デビューから2戦は道悪で、さらにクロフネ産駒ということでこの舞台は合っているはず。土曜のHTB杯はレコード決着でしたし、軽い斤量と前目の馬という理由からそれなりに自信を持って推してみます。

 セイウンコウセイは、高松宮記念からここに出走した馬が敗退するケースが多いということで対抗止まりの評価です。ちょっと過剰人気かもしれません。まぁ、アドマイヤムーン産駒は札幌・函館の短距離で良績がありますし、スプリント戦なら叩きでも走れていいはずなので印は打ちますが。

 以下、6歳牝馬でも北海道シリーズの実績はピカイチのクリスマス、時計勝負なら前2走が素晴らしかったキングハート、実は札幌・函館で馬券圏内を外していないイッテツまで。

 3連複のBOXと、8,12-8,12-3,5,6の3連単Fで、計16点。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

マトイ・アシデ

Author:マトイ・アシデ
主に血統理論に基づいた競馬予想をしています。相互リンク大歓迎です。ご連絡ください。
※予想はあくまで個人の見解であり、これに基づく損害に対しては一切の責任を負わないものとします。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
273位
アクセスランキングを見る>>
ブログランキングに参加しています
競馬ブログランキングへ

中央競馬 ブログランキングへ

競馬・血統理論 ブログランキングへ

アクセスカウンタ

Total:
Now: